本誌立ち読み

特集 缶飲料市場2016

缶飲料市場は,ボトル缶が次世代容器になっていくか?

 飲料容器は,缶,ガラスびん,PETボトル,紙容器の4大容器で構成されている。飲料缶にはSOT缶とボトル缶があり,出荷量が徐々に減少しているものの,飲料産業にとって市場を担う必要不可欠な容器だ。
 飲料缶は,きわめて高い汎用性が武器である。製缶の生産性のみならず充填速度も圧倒的に高速で,大量生産による生産性は他容器の追随を許さない。陽圧から陰圧まで対応し,レトルト殺菌も可能で,液体はいうまでもなく,大型の固形物でも充填可能だ。またアルコール,酸,アルカリ,油脂にも耐える。SOT缶の二重巻締めは,接着剤を用いずに密封性を確保する。そのうえ長期保存に耐え,過酷な長距離輸送もできる。リサイクルは磁石を用いて容易に分別でき,再生品の用途先は限りなく広い。

過去最高を記録したボトル缶市場とその将来性


 2000年にボトル缶が日本市場に登場してから16年,ついにボトル缶は過去最高の市場規模を達成した。アルミ缶リサイクル協会の推定によれば,2016年のボトル缶出荷量は30.0億本に達するという(表1)。この数量はアルミボトル缶のみであるから,スチールボトル缶を加えれば,ボトル缶全体では31億本を超える市場規模になると推定される…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容

市場の拡大が続くRTD
市場構造が変化する缶コーヒー市場とブランド戦略
缶のリサイクルと軽量化は一段と進む
キリンのアルミ缶軽量化
主要製缶メーカーの動向
多品種生産に対応する充填システム

定期購読についてはこちら

本号のその他の内容

Field Report:キンキサイン株式会社 徳島本社工場

地方の受託充填工場における活路の見いだし方

News From U.K:容器で価値を高める新製品を見る

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内