飲料産業総合専門誌 ビバリッジジャパン BeverageJapanの
ウェブサイトです

2020-08-03

本誌立ち読み

特集 ビール系飲料市場2018

13年連続で前年割れが続くビール市場と未来への処方箋とは

 
 ビール市場の縮小は止まらないのだろうか? 2017年のビール系飲料(ビール,発泡酒,新ジャンル)の課税数量は,2005年から13年連続で縮小が続いており,下げ止まる様相はまったく見られない。
 こうしたなかビール各社は,2026年までに段階的に実施される税制改正を見据え,本業であるビールに経営資源を集中させる方針を鮮明にしている。一方で根強い低価格志向がしばらく続くと見ており,新ジャンルにも力を入れるとしている。いずれも,いかにして需要を喚起できるか,その手腕が問われている。
 本特集では,2017年のビール系飲料およびノンアルコールビールテイスト飲料の市場とブランドの動向をまとめるとともに,2018年の市場予測と主要ブランドの戦略についてリポートする。

2年連続で3分野が前年割れ,RTDへの流出が加速

 2017年のビール系飲料の課税数量は,前年比97.4%の511万5,603kl(4億407.6万函:1函=633ml×20本換算,以下同)で,13年連続の前年割れとなった(表1・図1)。
 このうちビールは,業務用市場の落ち込みなどが響いて97.1%と2年連続で前年割れとなった。発泡酒は話題性に欠け,96.0%と2年連続の減少だった。新ジャンルは,98.5%と4年連続の前年割れとなった。このようにビール系飲料を構成する3カテゴリーのすべてがマイナスとなったのは昨年に続いて2回目となり,厳しい販売状況を如実に表わしている。
 ビール各社では…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容

カテゴリー別動向
容器別動向
ノンアルコールビール市場が再活性化
世界のビール消費量は2年連続で前年割れ
2018年の市場展望-高アルコール,ビール定義変更,クラフトに光明か?
日本のビール樽市場が変わるか?
メーカー別主要ブランドの動向

定期購読についてはこちら

本号のその他の内容

特別企画:飲料製造のための最新技術・機器
スウェーデン発,飲料向け軟包装容器への挑戦

Ecolean

排水処理設備の老朽化問題とリノベーションによる延命化+機能向上

住友重機械エンバイロメント株式会社

インライン屈折計「PRM−2000α」の概要と活用例

株式会社アタゴ

Special Report:drinktec 2017
世界最大の飲料産業展が魅せる未来 -4(最終回)-

新企画:BJ Monthly Beverage Watch
2017年12月
News From U.K.:健康的なライフスタイルに貢献する

好 評 連 載 記 事

その他
New Products 今月の新製品
NEWS HIGHLIGHT 産業ニュース
BJ DIGEST
People & Industry
各種統計資料
製品紹介
INTERNATIONAL NEWS など


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2020年〜2019年のバックナンバー

2020年7月号 No.462LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2020年6月号 No.461LinkIcon
特集:紙容器2020

2020年5月号 No.460LinkIcon
特集:フルーツジュース・野菜ジュース

2020年4月号 No.459LinkIcon
特集:ガラスびん2020

2020年3月号 No.458LinkIcon
特集:2019年の清涼飲料市場総括と2020年の成長戦略

2020年2月号 No.457LinkIcon
特集:飲料製造のための最新技術・機器

2020年1月号 No.456LinkIcon
特集:飲料缶2019

2019年12月号 No.455LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

2019年11月号 No.454LinkIcon
特集:PETボトル2019(2)

2019年10月号 No.453LinkIcon
特集:PETボトル2019(1)

2019年9月号 No.452LinkIcon
特集:2019年上期の清涼飲料市場総括


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み