本誌立ち読み


定期購読についてはこちら

飲料産業とPETボトル,その未来を考える

 2012年の飲料市場は,夏場の猛暑や厳しい残暑が奏功し,過去最高だった2011年を上回る生産量を記録する見込みだ。日本の人口が減少に転じ,さらに少子高齢化で消費市場が縮小すると経済界では言われ,また多くの産業人がそれを信じて疑わない。しかし現実が示しているように,飲料は生活の基礎を支えている“サスティナブル”な産業なのである。
 そして,その中心にある容器がPETボトルである。様々な飲料カテゴリーでPETボトルが浸透し,まさに生活の基礎を支えている。特に小型PETボトルが解禁された1996年から16年が経過し“PETネイティブ”世代となる消費者が成長している。だから,PETボトルは将来にわたって安泰の容器といえよう。
 本号ではPETボトルサプライヤーや充填機器,
洗浄・殺菌剤を中心にリポートする。あわせて9月18~22日に中国・北京で開催された「China Brew & Beverage」,受託生産工場であるジャパンフーズ社のリポートも参照されたい。


2012年も成長を続けるPETボトル飲料市場

 前述したように2012年も清涼飲料市場は成長を続けており,年末には過去最高の生産量だった2011年の記録を上回ると予想される。飲料産業はこれまで天候による停滞や一時的な減少があったものの,基本的には“右肩上がり”で成長を続けている。このなかでPETボトルは,清涼飲料生産量の65%(液量ベース,2011年)を占め,1200万klを突破した(表1)。
 PETボトル飲料は,1996年に小型PETボトルが解禁となり成長が加速してきた(図1)。この図で興味深いのは,1996年を起点に3年ごと(1999年,2002年,2005年,2008年)に成長率が鈍化する“踊り場”が発生していることだ。そしてPETボトル飲料の成長率は,2004年を境に明らかに鈍化しつつも,じりじりと成長し続けている。清涼飲料の2011年PET化率は前述のように65%であるが,他カテゴリーを参考に今後の成長余地を予想すると,ビール系飲料における缶化率が約72%(2011年)であることから鑑みて,およそ7ポイント程度の余地があるのではないかと推定される。
 その鍵…続きは本誌をご覧ください。

他の主な内容
▶ PETボトルの軽量化と飲料製造
▶ PETボトル飲料に進化を
▶ PETボトルと酒類市場
▶ 容器サプライヤーの動向
充填製造機器の動向
PETボトル向けの殺菌剤/潤滑剤

定期購読についてはこちら



Field Report:ジャパンフーズ株式会社

新ライン導入で炭酸飲料充填に磨きをかける

特別リポート:China Brew & Beverage 2012

BJ Report:TOKYO PACK 2012

BJ Interview:日本にも“ランドライ”コンベヤーの普及をめざす

Rexnord FlatTop Europe/Flattop President Angelo Suar氏

News from U.K.:機能性飲料の世界トレンドは続く

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS 各社新製品ニュース

キリンビバレッジ

冬期限定の紅茶・コーヒー・果汁,「泡」第2弾など

アサヒ飲料

復刻「ワンダ」,乳性炭酸「三ツ矢」ほか

明治

発酵乳,乳飲料,果汁入り飲料など秋冬向け16品

コカ・コーラ

コーヒーを中心に秋冬向けに製品ラインアップを強化

伊藤園

低カフェイン緑茶,浅煎り豆ブレンド珈琲など15品発売

森永乳業

リプトン抹茶ラテ,カフェオレ専用ミルクなど登場

UCC上島珈琲

単一産地豆の微糖コーヒーなど

ポッカ

豆乳入りコーヒーを新提案

JT

秋冬向けボトル缶ルーツ,愛媛産柑橘果汁飲料

サントリー

炭焼ボス,美容飲料など

花王

秋冬限定「ヘルシア」2品

カゴメ

季節限定「野菜生活」2品

不二家

秋の果実使用ネクター

ハウスウェルネスフーズ

PET入りホット「C1000」

エルビー

アサイー入りなど低果汁飲料3品

ダイドードリンコ

ハーブティー2品とウーロン茶ベースのブレンド茶を発売

カルピス

梅などホット飲料発売

サッポロ飲料

女性向けソーダと梅飲料

JR東日本WB

生姜入りホット果汁など

日本サンガリア

粒入りフードドリンク4品

雪印メグミルク

ライチ果汁入り紅茶飲料

協同乳業

“いちご大福”風乳飲料
      …詳細は本誌をご覧ください

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2022〜2021年のバックナンバー

2022年4月号 No.483LinkIcon
特集:ガラスびん

2022年3月号 No.482LinkIcon
特集:2021年の清涼飲料市場総括と2022年戦略

2022年2月号 No.481LinkIcon
特集:飲料製造のための最新技術・機器

2022年1月号 No.480LinkIcon
特集:飲料缶2021/2022

2021年12月号 No.479LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

2021年11月号 No.478LinkIcon
特集:PETボトル2021(2)

2021年10月号 No.477LinkIcon
特集:PETボトル2021(1)

2021年9月号 No.476LinkIcon
特集:2021年上期の清涼飲料市場総括

2021年8月号 No.475LinkIcon
特集:宅配水市場とミネラルウォーター/フレーバーウォーター

2021年7月号 No.474LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2021年6月号 No.473LinkIcon
特集:紙容器2021


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み