本誌立ち読み


特 集

PETボトル2014①

PETボトルの新時代を探る―コストミニマムと付加価値―



 2013年,日本のPETボトル入り飲料は,容器入り飲料の全生産量のうち69.3%を占めた。つまり,10本に7本はPETボトル入り飲料になっている。これほどまでに消費市場に浸透した容器は,1980年代初頭のガラスびん以来だ。
 そして,1996年に小型PETボトルの使用自粛が解禁されてから18年が経過し,まもなく“PETボトル世代”が成人を迎える。つまり,PETボトルは“子ども容器”から“大人容器”へと遷移し,清涼飲料だけではなく酒類容器としての本格的な市場創造が始まる。これは強い嗜好品である酒類こそ,小容量容器が必要だからだ。PETボトルは,新時代を迎えつつある。

PET飲料の拡大と飲料市場

 2013年のPETボトル入り清涼飲料の生産量は…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容
酒類市場で中容量ボトルの採用広がる
PET樹脂動向
PETプリフォーム成形機の最新事情
容器サプライヤーの動向
ドライ搬送とドライ潤滑剤の最新事情

定期購読についてはこちら

今号のその他内容

開発最前線:キリンビバレッジ株式会社
搬送に着目した開発施設を設置
Field Report:白鶴酒造(株) 灘魚崎工場
PETボトル入り酒製造の現場
Field Report:日本アスパラガス株式会社
北海道の受託充填工場が狙う未来市場
事例研究:ジェーシーボトリング株式会社
受託充填工場における省エネ改善事例
News From U.K
どうやって製品を差別化するか?

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2022〜2021年のバックナンバー

2022年4月号 No.483LinkIcon
特集:ガラスびん

2022年3月号 No.482LinkIcon
特集:2021年の清涼飲料市場総括と2022年戦略

2022年2月号 No.481LinkIcon
特集:飲料製造のための最新技術・機器

2022年1月号 No.480LinkIcon
特集:飲料缶2021/2022

2021年12月号 No.479LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

2021年11月号 No.478LinkIcon
特集:PETボトル2021(2)

2021年10月号 No.477LinkIcon
特集:PETボトル2021(1)

2021年9月号 No.476LinkIcon
特集:2021年上期の清涼飲料市場総括

2021年8月号 No.475LinkIcon
特集:宅配水市場とミネラルウォーター/フレーバーウォーター

2021年7月号 No.474LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2021年6月号 No.473LinkIcon
特集:紙容器2021


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み