本誌立ち読み


特 集

ビール系飲料市場2015

新ジャンル初の前年割れで,新たな活路を模索するか?


 ビール系飲料市場(ビール,発泡酒,新ジャンル)の縮小が止まらない。実に10年連続で過去最低を更新し続けており,2014年の課税数量は前年比1.5%減の4億2,707万函(633ml×20本換算,以下同)となった。
 それだけではなく,これまで市場を下支えしてきた新ジャンルまでもがマイナスに転じてしまった。消費者の嗜好が変化しビール離れが続いていることや,少子高齢化の進行,消費税増税や夏場の天候不順が背景だろう。
 一方,アルコール分0.00%のビールテイスト飲料市場は,成長が鈍化している。2013年までは市場が拡大してきたが,昨年は前年並みで着地したようだ。この市場は,飲酒運転への厳罰化を契機にビール代替として開発が始まったが,それだけでは市場拡大に限界があることが明らかになっている。
 2015年も,ビール系飲料市場は前年割れというダウントレンドが続くと予想される。こうしたなかでビール各社は,政府によるビールの税率を引き下げて新ジャンルとの税差を縮めるという酒税改正の機運をにらみ,本来のビールを重視する方針を鮮明に打ち出している。
 そこで本特集は,2014年のビール系飲料およびビールテイスト飲料の市場とブランド動向をまとめるとともに,2015年の市場予測と主要ブランドの戦略についてリポートする。…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容
カテゴリー別動向
容器別動向
ノンアルコールビール市場の成長が止まる
2015年の市場を見通す
メーカー別主要ブランドの動向

定期購読についてはこちら

今号のその他内容

特別企画:飲料製造のための最新技術・機器
省力化・自動化に貢献する2ピース缶印刷関連技術 アイマー・プランニング株式会社
注目を集める溶存酸素と溶存二酸化炭素(ガスボリューム)の同時測定技術 株式会社アントンパール・ジャパン
世界をリードする「エコポンプ」によるポンプでの省エネ 株式会社酉島製作所
Field Report:カルピス株式会社 群馬工場
“酸性飲料専用”が示す未来像
事例研究:PETボトルリサイクルの高度化事例
三宝化成工業株式会社
News From U.K
市場拡大を牽引する新製品たち

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2022〜2021年のバックナンバー

2022年4月号 No.483LinkIcon
特集:ガラスびん

2022年3月号 No.482LinkIcon
特集:2021年の清涼飲料市場総括と2022年戦略

2022年2月号 No.481LinkIcon
特集:飲料製造のための最新技術・機器

2022年1月号 No.480LinkIcon
特集:飲料缶2021/2022

2021年12月号 No.479LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

2021年11月号 No.478LinkIcon
特集:PETボトル2021(2)

2021年10月号 No.477LinkIcon
特集:PETボトル2021(1)

2021年9月号 No.476LinkIcon
特集:2021年上期の清涼飲料市場総括

2021年8月号 No.475LinkIcon
特集:宅配水市場とミネラルウォーター/フレーバーウォーター

2021年7月号 No.474LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2021年6月号 No.473LinkIcon
特集:紙容器2021


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み