本誌立ち読み

特集:PETボトル2023 1

ポストコロナ時代のPETボトルと飲料産業

 世界が新型コロナウイルス感染症拡大という災禍から抜け出し平時の経済活動へ回復するにつれ,飲料産業を取り巻く環境も変化を始めている。世界的な人手不足,インフレーション,国際物流の問題,戦争,観光公害など,コロナ禍以前とは様相が異なっている。その影響を受け,PETボトル飲料も新時代に向かって動き始めている。
 世界の飲料産業では,PETボトル,ガラスびん,金属缶が主力3容器だ。地域によって構成比に違いがあるものの,PETボトルが世界を席巻していく方向性で合意しているように見える。世界中でPETボトルが広く利用され,普及を続けている。
 PETボトルは,PET樹脂を加熱して可塑化し,金型内に高圧で射出してプリフォーム(パリソン)を成形,さらにブロー金型内で高圧エアーにより二軸延伸ブロー成形して製造する。これを1台の成形機で実施する製造法を1ステージ(1ステップ)方式と呼ぶ。1ステージ方式は比較的中・小量生産機が多く,複雑な形状や肉厚ボトルを製造している。用途先は,清涼飲料,乳製品,加工食品,化粧品,トイレタリー,日用品と幅広い。
続きは本誌をご覧ください

特集の主な内容
速報:下期PETボトルの落札額公表
PETボトルへの直接印刷技術が開発される
PETボトル成形機メーカーの動向
PETボトル成形付帯設備の最新情報
PETボトル関連検査機器の最新情報

定期購読についてはこちら

本号のその他の内容

Field Report:キリンビバレッジ株式会社湘南工場
新世代の世界標準を狙う低酸性飲料の新・無菌充填システムの商業運転開始
新素材
機能性表示食品対応の新規素材が登場
マーケティング1:ビール4社の下期戦略
酒税改正を契機にビールの需要拡大策で攻勢に出る
マーケティング2:モンデ酒造
独自性を追求する小規模ワイナリー  ボトル缶充填ラインと自社栽培の強化
新技術: UPMキュンメネ
カーボンネガティブを実現する森林保護活動
トレンドレビュー
サスティナビリティでコーヒーブランドを差別化
BJ News Letter
海外の新製品・注目製品  202310月号
News from U.K.
ニッチな需要に金鉱脈を見る

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS

定期購読についてはこちら

お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内