本誌立ち読み

特集:PETボトル2023 2

次世代の飲料開発が向かう先を探る

 日本では,清涼飲料の78.2%(容量ベース)がPETボトル入りで製造されている(表1,2022年)。PETボトルが様々な視点から飲料容器として最適であることが最大の要因だ。なかでもコストミニマムという飲料産業にとって究極の目標への最短ルートにある容器とみなされている点が大きい。特に製品コストに占める容器の構成比が高い場合は,そのコストダウンが近道になる。
 また,PETボトル入り飲料の普及と充填製造システムの成熟に密接な関係もあるだろう。特に無菌充填システムが容器のコストダウンに大きく貢献しており,今ではPETボトル飲料の製造システムに必須といえるほどだ。設備投資やランニングコストが高額であっても,非炭酸飲料にも炭酸飲料にも対応する汎用性を背景に普及してきた。
 一方で,設備投資から20年近く経過する充填ラインが増加しており,老朽化は避けられない。清涼飲料は市民生活を支える基礎食品として確立されているから,今後も消費の急減は予想しにくい。それでも日本の人口がピークアウトし,世界的な資源高,原材料高のなかで日本経済の将来見通しは必ずしも明るくない。これまでのように設備投資すれば市場を獲得できるという環境ではなくなりつつある。さらに経済の先行きが不透明であればあるほど,安定産業である飲料産業へ異業種参入の可能性が高まる。
 このようななか,本号では容器メーカーや充填製造システムなどの最新事情をリポートする。
続きは本誌をご覧ください

特集の主な内容
資源削減とブランディングは両立するか?
小型PETボトルで大型ボトルを代替する
HRCが日本法人を設立
2022年度のリサイクル率は86.9%,BtoB率は29.0%
指定PETボトルの自主設計ガイドラインの改訂
容器事業とサプライヤー
次世代の飲料市場を見据えたPETボトル飲料製造設備を考える

定期購読についてはこちら

本号のその他の内容

Preview:第8回ドリンク ジャパンドリンク
ジャパンが示す飲料産業の未来とは?
新素材:日本食品化工
オリゴ糖含有シラップを活用して果汁感増強・果汁代替を提案
トレンドレビュー
活況の麦茶飲料市場,トップを守る伊藤園の戦略
News from U.K.
ヘルシーで手軽に楽しくニーズを網羅する飲料製品
BJ News Letter
海外の新製品・注目製品

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS

定期購読についてはこちら

お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内