本誌立ち読み

特集 フルーツ・野菜ジュースと
チューハイ市場

多様化する飲料ニーズに対する果実・野菜系飲料とチューハイの戦略


 日本は高齢化社会を迎え,人々の健康志向は強まるばかりだ。個人によって健康の意味することは異なるであろうが,低カロリーに加えて近年は低炭水化物または低糖がほぼ共通して強いニーズとして顕在化している。加えて自身が納得するものが求められ,究極的には個人に最適化されたものとなる。

 またわかりやすさ,インパクトの強さが重視されており,かつての繊細さや自然・天然といった嗜好が必ずしも求められない時代を迎えている。

 こうした時代に果実飲料は試練が続いている。また成長が続いてきた野菜系飲料も試練の時代を迎えた。健康に寄与すると期待できる飲料は,果実飲料や野菜系飲料に頼らなくとも,機能性素材を使った飲料群でも得られる。

 一方,酒類市場では,ビール類の消費減退に代わり,チューハイなどRTD(酒類)の成長が続いている。このチューハイ市場では,柑橘系フレーバーを主力に多彩なフレーバリングを楽しむことができる。 …続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容

果実・野菜系飲料市場は盤石か,薄氷か?
果実飲料の漸減は底を打つか?
野菜系飲料は成長と減少
果実飲料ブランドと企業価値
飲料各社の果汁・野菜汁ブランド戦略
RTDはライトアルコールのメインストリームへ向かう
拡大が続くRTD市場
RTDブランドは嗜好の多様化にいち早く対応
主要果汁系RTDブランドの動向
果汁等輸入統計に見るフレーバートレンド
主要な果汁・野菜汁サプライヤーの動向
財務省貿易統計による果実・野菜ジュース輸入実績推移2018〜2015年

定期購読についてはこちら

Special Report:カナダ,メープルウォーター
メープルウォーターが狙うプラントウォーターの世界最先端
Special Report:Gan Shmuelグループ・Ganir社
革新の国が開発する最先端果汁
Special Report:Austria Juice
欧州有数の果汁メーカーに見る付加価値戦略
トレンドレビュー:BJ Monthly Beverage Watch 2019年3月
PETボトルコーヒー“第2章”幕開け,後発各社の挑戦続く
News from U.K.:飲料製品の価値の可能性を模索する

本号のその他の内容

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内