本誌立ち読み

特集 PETボトル2021

次世代のPETボトルへ革新機会を探る(2)



 PETボトル飲料の製造システムは,不断の努力と革新を続けてきた。内容物に応じた充填方式が開発・採用されており,炭酸飲料は冷温充填から常温充填,非炭酸飲料は熱間充填(ホットパック)から無菌充填(アセプティック)へと,それぞれ開発されている。
 また容器メーカーから容器を調達して飲料工場で充填製造する方式から,飲料工場内で容器を成形する方式を経て,成形機と充填機を連結した“ブロックシステム(または構造)”が開発されている。これらの変遷を経て,現在はブロック構造の無菌充填システムが炭酸飲料,非炭酸飲料を問わず広く採用されている。
 こうしたシステムの完成とは,頻繁に流行が変化する飲料産業に必ず求められる飲料製造システムの高い汎用性とあいまって,“標準化”の完成と換言してもよい。このことは,細く南北に長い日本市場で広範囲に緻密かつ迅速に製品を流通させるため,多数の製造拠点を確保し,大量生産・供給するという要求と親和性が高い。
 しかし,これが究極のPETボトル飲料製造システムであろうか? 今回は,充填システムや関連機器を取り上げる。

酒類市場へのPETボトルの浸透が進む

 PETボトルは清涼飲料では必須容器となっているが,酒類では焼酎甲類で大型PETボトルが普及しているほかは,必ずしも主流の容器とは…続きは本誌をご覧ください  

特集の主な内容

酒類市場へのPETボトルの浸透が進む
容器サプライヤーの動向
PETボトル飲料充填システムおよび関連機機の動向
ラベルレス時代の付加価値提案

本号のその他の内容

Report:ドリンク ジャパン
国内最大の飲料産業展は未来を示せたか?
新技術: KHS InnoPET FormFill 
PET飲料製造の革新技術とは?
マーケティング
コロナ禍と健康志向とビール戦略
トレンドレビュー: BJ Monthly Beverage Watch2021年9月)
西友に見るプライベートブランドの独自化戦略
News from U.K.
ブランドを新領域に先導する海外の新製品

定期購読についてはこちら

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内