本誌立ち読み


定期購読についてはこちら

主な内容
「ECO30」環境負荷低減に貢献する設備提案
岩井機械工業株式会社
飲料製造における最新プロセス機器 
SPXフローテクノロジージャパン株式会社
固形入り飲料・高粘度食品の連続滅菌を可能にする
テトラ・サーム・アセプティック ビスコHP 
日本テトラパック株式会社
プレグルーラベリング機「ADHESLEEVE LABELLER」
株式会社コーレンス

本誌立ち読み


ビール系飲料の市場回復に向けた方策を探る



 ビール系飲料(ビール,発泡酒,新ジャンル)の減少傾向が止まらない。2012年のビール系飲料の課税数量は,前年比1.0%減の4億3,811万函(大びん633ml×20本換算)となり,現行統計を取り始めた1992年以降でみると8年連続で過去最低を更新した。
 震災による影響の反動増も見込まれたが,天候不順の影響で7月の課税数量が前年同月比9.3%減と大きく落ち込んだことなどが響き,年間でも減少となったようだ。また天候不順に加え,低アルコール飲料やビールテイスト飲料,課税数量にはカウントされない低価格の輸入新ジャンルが拡大していることも減少の要因と考えられる。唯一の成長分野であった新ジャンルの伸びも昨年は1.1%増まで鈍化した。一方,ビールは0.3%減とほぼ前年並みまで回復し,ビール回帰の兆しが見えはじめた。
 ビール各社では2012年年初にそろってプラス計画を打ち出したものの,プラスを達成したのはサントリー酒類とサッポロビールの2社にとどまった。特にサントリーは5.6%増のほぼひとり勝ちの結果となり,シェアは3位のままだが,0.9ポイント増の14.2%となった。また,4位のサッポロビールも0.2ポイント増の11.8%とシェアを伸ばした。一方,3年連続の首位となったアサヒビールは0.4ポイント減の37.5%,2位のキリンビールは0.6ポイント減の35.6%となった。
 2013年も国内ビール系飲料市場の縮小が続くことが予想されるなかで,各社では主力ブランドの強化に引き続き取り組むとともに,ノンアルコール飲料や低アルコール飲料,洋酒,ワインといった非ビール分野に力を入れていく方針を発表している。しかしながら,ビール各社の屋台骨はやはりビール系飲料だ。本特別企画では,2012年のビール系飲料市場をまとめるとともに,2013年の各社のブランド戦略をリポートし,市場回復に向けた方策を探る。

カテゴリー別動向

 ビール系飲料の2012年課税数量は,前年比99.0%の554万6,477kl(4億3,811万函)となった。カテゴリー別では,ビールは0.3%減とほぼ前年並みを達成し…続きは本誌をご覧ください。

定期購読についてはこちら



ASEAN REPORT 2013:インドネシアの飲料事情 (上)

News from U.K.:英国で成長する「アルコール0%」飲料市場

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS 各社新製品ニュース

アサヒ飲料

「大人ワンダ」登場,和装丁のバヤリース梅,紅茶ショコラほか

協同乳業

プレミアム苺乳飲料など

森永乳業

チョコケーキ風カフェラテ,ココアなど

カルピス

白桃果汁入りカルピス

キリンビバレッジ

“苦味”訴求の珈琲,新「エスプレッソティー」ほか

コカ・コーラ

レトロ「ファンタ」第4弾

エルビー

デザート風乳飲料など紙パック製品4品

雪印メグミルク

イチゴ味の“白い”乳飲料

キッコーマン飲料

豆乳仕立てのカップスープ

ヤクルト本社

オレンジ味ジョア 再登場

 …詳細は本誌をご覧ください

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内