本誌立ち読み


特 集

ガラスびん 2014

反転攻勢へ転じるか,ガラスびん



  容器は,人の歴史と同じように世代交替するものなのだろうか。江戸末期から明治時代にかけて日本に持ち込まれたガラスびんは,その後の殖産興業で普及を始めた。そしてビールや牛乳,化粧びんとして市民生活に浸透していった。
 ガラスびんが需要のピークを迎えたのは1990年のことで,清涼飲料各社が競ってオリジナルデザインのガラスびん(留型)製品を投入し,炭酸飲料からデザート飲料まであらゆるカテゴリーで個性的なガラスびん製品が市場を賑わした。
 くしくもそれは,小型PETボトルの登場前夜でもあった。1996年に使用が解禁された小型PETボトルは
…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容
ガラスびんのリサイクル事情
主要製びん各社の動向
特別インタビュー
日本ガラスびん協会会長 石塚 久継氏
Field Report
最新のガラスびん充填ラインを見る [事例1]ハウスウェルネスフーズ・伊丹工場 [事例2]アサヒ飲料・明石工場

定期購読についてはこちら

今号のその他内容

Special Report:PETボトルリサイクル
PETボトルの“台湾方式”リサイクルシステムを知る(上)
特別企画:飲料製造のための最新分析・計測機器
メンテナンス性・操作性に配慮した分析・計測機器が登場
News From U.K
乳業界の新製品にみる欧米トレンド

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内