飲料産業総合専門誌 ビバリッジジャパン BeverageJapanの
ウェブサイトです

2020-07-02

本誌立ち読み


復活への足がかりを探る果実飲料,
持続的成長が続く野菜系飲料


清涼飲料の生産量は,2012年に1,976万6,400kl,前年比103.6%と過去最高の生産量を更新した(全国清涼飲料工業会調べ,シロップ含む,以下同)。このうち果実飲料は190万1,300kl(前年比117.0%)と成長し,野菜系飲料も56万4,100kl(前年比110.9%)となり,ともに成長している。特に果実飲料は,これまでのダウントレンドから反転,成長している。
 清涼飲料は,世界的に嗜好飲料から機能性飲料へと舵を切りつつある。これは健康への関心と追求がより高まっているからだ。欧米では添加物で機能性を追求するのと同じように,自然物である果汁による機能性訴求も行なわれている。
 これに対して日本では,果汁は機能性訴求に適していないと解釈されているようだ。加えて果実飲料は甘くカロリーが高いとされ,低カロリー志向の飲料トレンドから取り残されつつある。それでも2012年は果汁入り炭酸飲料が活性化し,果実飲料全体の成長を後押しした。
 野菜系飲料は,消費者から支持を集めて市場の拡大が続いている。日本では,厚労省の国民栄養調査や食生活改善普及運動などを通じて国民の野菜摂取不足が広報され,一般に浸透しているようだ。だから野菜系飲料は,手軽に野菜を摂取できると理解され,健康志向と相まって消費が拡大している。特に2012年はトマトの機能性がクローズアップされたことが,なおさら野菜系飲料の拡大を後押しした。
 一方,果汁や野菜汁は原料を輸入に頼っている実態がある。2012年末からの急激な円安および,海外の作柄状況や需要動向は,日本の果実飲料や野菜系飲料の動向に影響を与えることは必至である。そこで本号では,主要な果汁ブランドや野菜系ブランドの動向とともに,原料サプライヤーの動きをリポートした。…続きは本誌をご覧ください。

財務省貿易統計による果実・野菜ジュース輸入実績推移2009〜2012年

定期購読についてはこちら

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS 各社新製品ニュース

キリンビバレッジ

果実飲料,野菜系飲料,炭酸飲料等の強化を図る

森永乳業

「リプトン」のラインアップを強化,機能性飲料など発売

花王

「ヘルシア」に缶コーヒー追加,新市場の開拓を狙う

明治

乳飲料で“スポーツドリンク”

アサヒ飲料

ウィルキンソン,モンスターに新アイテムなど

富士フイルム

美容&エナジーで飲料市場に本格参入

大塚製薬/大塚食品

基幹商品の再定義で活性化狙う

レッドブル・ジャパン

PET入り「レッドブル」など

カルピス

水分補給の「カルピス」とグレープ炭酸など

JT/日本たばこ産業

ボトル缶入り“アロマルーツ”刷新など

サントリー食品

「天然水」を全面変更し採水地訴求,ニアウォーターに新製品

チチヤス

自販機活用でブランドの全国化を狙う

コカ・コーラ

「アクエリアス」「シュウェップス」刷新など

ダイドー

缶入りスムージー,冷凍可能なゼリー飲料,栄養炭酸など

伊藤園

無添加「充実野菜」,カップ入りスムージー,ポリフェノール訴求コーヒーほか

エルビー

小容量の機能性飲料,美容・健康系果実飲料ほか

雪印メグミルク

V.C1000mg配合の野菜・果実混合ジュースなど

UCC上島珈琲

滋賀工場製品を刷新し攻勢を強める

ポッカサッポロ

ゼロ炭酸,冷製スープ,熱中症対策飲料

JR東日本WB

地産果汁使用製品2品

AGF

濃縮珈琲使用の濃厚ラテ

日本サンガリア

900ml麦茶,低カロリーのエナジードリンクなど

 …詳細は本誌をご覧ください

その他
New Products 今月の新製品
NEWS HIGHLIGHT 産業ニュース
BJ DIGEST
People & Industry
各種統計資料
製品紹介
INTERNATIONAL NEWS など


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707(代) FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2020年〜2019年のバックナンバー

2020年6月号 No.461LinkIcon
特集:紙容器2020

2020年5月号 No.460LinkIcon
特集:フルーツジュース・野菜ジュース

2020年4月号 No.459LinkIcon
特集:ガラスびん2020

2020年3月号 No.458LinkIcon
特集:2019年の清涼飲料市場総括と2020年の成長戦略

2020年2月号 No.457LinkIcon
特集:飲料製造のための最新技術・機器

2020年1月号 No.456LinkIcon
特集:飲料缶2019

2019年12月号 No.455LinkIcon
特集:飲料の新製品開発

2019年11月号 No.454LinkIcon
特集:PETボトル2019(2)

2019年10月号 No.453LinkIcon
特集:PETボトル2019(1)

2019年9月号 No.452LinkIcon
特集:2019年上期の清涼飲料市場総括

2019年8月号 No.451LinkIcon
特集:宅配水とミネラルウォーター,フレーバーウォーター


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内

詳しくはこちらをご覧ください

定期購読のお申込み