本誌立ち読み


特 集

機能性飲料と製品開発

機能性ニーズの高まりにどのように応えるか?

健康志向は,もはや日本の消費者トレンドではなく,普遍化したといえるだろう。それだけに単なる健康訴求では消費者の関心は得られない。
 こうした消費者志向に応えるべく,政府は様々な制度を創設し,一定の範疇で機能性を直接的に訴求できるようにしてきた。これが特定保健用食品や栄養機能食品といった制度である。さらに今年4月に施行された機能性表示食品制度では,事業者の責任とリスクで機能性を訴求できるようになった。
 こうした市場環境のなかで,ブランドはどのように消費者ニーズに応え,市場を獲得しようとしているのだろうか。また,原料サプライヤーが提案する機能性素材は,どのような未来を開拓するのだろうか。ビバリッジ ジャパンは飲料ブランドと原料サプライヤーの最新事情をリポートする。

機能性表示食品制度がスタート

 機能性表示食品制度が今年4月1日に施行された。この制度は,販売の60日前までに消費者庁へ届け出を行なうことで,科学的根拠に基づいた内容であれば健康への効果をうたった商品を販売することができるというものだ。ただし,疾病リスクの低減や予防効果をうたう表現は認められていない。
 対象食品は生鮮食品を含む食品全般であるが,ビールなどアルコール含有飲料などは除外されて…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容
ノンアルコール飲料と機能性訴求
岐路に立つトクホ
寡占化が進むエナジードリンク
新製品開発に役立つ機能性素材

定期購読についてはこちら

今号のその他内容

事例研究:エコとマーケティングを両立させる最新マルチパック
レンゴー・リバーウッド・パッケージング株式会社
News From U.K
エナジードリンク,王道と差別化

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内