本誌立ち読み

特集 ミネラルウォーター/HOD/フレーバーウォーター

ウォータービジネスの成長性を探る,フレーバーウォーターに限界か?

 水分は人間にとって最も重要だ。一方で,日本では水に対する意識は必ずしも高くない。水道法で厳しく管理され安全に飲める水道水ではなく,はるかに高額なミネラルウォーターや宅配水(HOD=Home & Office Delivery)を購入することが一般化している。また天災が多発するようになり,自治体や職域のみならず,家庭内での備蓄も注目されている。ミネラルウォータ−は,黎明期に盛んに試行された水質(ミネラル),採水地,自然環境を訴求した差別化には成功しなかったが,水道水を補完する水源としての地位を確立している。

国産ミネラルウォーターが19年ぶりに減少


 (一社)日本ミネラルウォーター協会によると,2019年のミネラルウォーター類の国内生産量と輸入量の合計は…続きは本誌をご覧ください。

特集の主な内容

国産ミネラルウォーターが19年ぶりに減少
フレーバーウォーターは無糖が牽引
成熟市場に向かうHOD
HOD市場に残る課題
習慣的水分摂取に関する研究が発表される
「ミネラルウォーター読本Q&A」改訂
ウォータービジネスの成長性
主要ミネラルウォーターブランドの動向
主要HODブランドの動向
主要HODサプライヤーの動向

本誌立ち読み

特別企画 2020年上期ビール系飲料市場
コロナ禍の影響と2020年上期ビール系飲料市場
—新ジャンルが初めてビールを上回る—

 2020年は,コロナ禍でビール系飲料(ビール,発泡酒,新ジャンル)市場の構造転換が進みそうだ。2020年上期(1〜6月)のビール系飲料市場は,前年同期比約90%となったようだ。新型コロナウイルス感染症の拡大が業務用市場・家庭用市場ともに深刻な影響を与えており,特にビールは業務用市場で大幅な前年割れを起こしている。その結果,新ジャンルの販売数量がついにビールを上回ったと推定される。つまり,日本の“ビール”は新ジャンルとなり,世界各国とは全く異端の世界を繰り広げている。
 下期もコロナ禍の終息が見通せないなか,10月には酒税改正が行なわれる。新ジャンルがスタンダードとなった日本のビール系飲料市場で,果たして減税効果からビールへの需要回帰が本当に生じるのか,その動向が注目される。本特別企画では2020年上期のビール系飲料の市場動向とともに,下期の市場予測とブランド戦略などについてリポートする(以下,函数は1函=633ml×20本換算)。…続きは本誌をご覧ください。

本号のその他の内容

特別寄稿:ビール変敗菌迅速検出システム「VERIFLOW」
ビオメリュー・ジャパン株式会社
トレンドレビュー:BJ Monthly Beverage Watch(2020年6月)
カフェインレスは市場トレンドになりうるか?
News from U.K.
新しいアイデアはカテゴリーを超える

定期購読についてはこちら

好 評 連 載 記 事

NEW PRODUCTS〈清涼飲料・牛乳・乳製品〉
NEW PRODUCTS〈ビール・RTD/酒類〉
NEWS HIGHLIGHTS〈産業ニュース〉
BJ Market report〈毎月の市場概況〉
BJ DIGEST
People & Industry
バックナンバー案内
統計資料
INTERNATIONAL NEWS


お申込み・お問い合わせ


飲料総合専門誌 ビバリッジ ジャパン
株式会社ビバリッジ ジャパン社 販売部 
TEL 03-3989-8707 FAX 03-3989-8727
問い合わせフォームよりお問い合わせいただく場合は、こちらからお願いします。

2023年のバックナンバー

2024年1月号 No.504LinkIcon
特集:飲料缶2023

2023年月12号 No.503LinkIcon
特集:PETボトル2023 2

2023年月11号 No.502LinkIcon
特集:飲料の新製品開発ー香料

2023年月10号 No.501LinkIcon
特集:PETボトル2023 《1》

2023年月9号 No.500LinkIcon
特集:2023年上期の清涼飲料市場総括

2023年月8号 No.499LinkIcon
特集:ミネラルウォーター・炭酸水類と宅配水市場

2023年月7号 No.498LinkIcon
特集:機能性飲料市場と機能性素材

2023年6月号 No.497LinkIcon
特集:紙容器2023
特別企画:飲料開発・製造におけるプロセス処理技術

2023年5月号 No.496LinkIcon
特集:フルーツ・野菜ジュース

2023年4月号 No.495LinkIcon
特集:ガラスびん
特別企画:飲料の新製品開発2023

2023年3月号 No.494LinkIcon
特集:2022年の清涼飲料市場総括と2023年の成長戦略


以前のバックナンバーはこちら

Twitterでもつぶやいています。

定期購読のご案内